アラサーになりましたが、そんなことも関係

アラサーになりましたが、そんなことも関係

アラサーになりましたが、そんなことも関係なく、しごとに追いまわされる毎日ですが、ある時、鏡に映った自分の姿を見てひっくり返りそうになったのです。


目の下の濃いクマに、数えきれないほどの細かいシワが映っていて、今の自分がどういう状態にあるのか突きつけられた気がしました。この衝撃の日以降、私は心に誓いました。どれ程疲れていようが、家に帰ったら本日はもういいや、と諦めたりせず、ケアをしっかりと行って、自分の肌を保護しよう、これ以上増やさないために、シワを予防しなければ、と決心したのでした。


ここ数年のことですが、特に顔のしわが気になってきて、仕方がありません。

その中でも一番困りものなのは目尻の笑じわでしょうか。


そもそも目の周りは皮膚が薄く、元々しわはできやすい場所で、スキンケアも丁寧に行っていますが、皮膚が薄い場所は、乾燥に気を使ってやらないといけませんから、クリームを塗り重ねたりして、何よりも保湿を大切にするように自分に言い聞かせています。


肌トラブルの中でも男女年齢関係なく悩向ことが多いことといえば、やはりニキビと言えると思います。

一口にニキビとはいっても、何個かの種類があって、その原因持たくさんあります。ちゃんとニキビの原因を知って正しく治療して貰うことがきれいな肌を作る初めの一歩なのです。

人より弱い肌の場合は、普通より弱い肌だと決め付けることはあれかも知れませんが、、肌に無理を指せず、なおかつ肌に合わせた化粧品で、ちゃんとスキンケアを続ける事が大切でしょう。



四季や肌年齢によって、肌の状態がそれぞれちがうというのも、敏感な肌の問題なところです。
それぞれの肌の状況に合わせて、丁寧にお手入れをするようにしましょう。

少し前にガングロが流行りましたが、今再びブームが起こりそうな気配です。一種の主張として定着を見せはじめた感じもしますが、心配なのはお肌のシミです。


大丈夫という人もいるかも知れませんが、ガングロをやめた後はシミがガングロではなかった人よりも多く目立つようです。しきりに洗顔をして肌の皮脂が足りない状態となると、足りない皮脂を埋めようと多く分泌するようになりますからす。
洗顔のしすぎで乾燥状態にもなり、さらにたくさん皮脂の分泌を促してしまいますから、適度の洗顔回数にして頂戴。


洗顔の後は化粧水でしっかりと水分補給することを忘れずに行っていくことが大切でしょう。美顔器には、イオン導入器や超音波美顔器、美顔ローラーのようなものもさまざま、種類がありますが、超音波美顔器やイオン導入器を使うと効果が出ます。
スキンケア用に使う化粧品は、肌のハリや弾力をリフトアップしてくれる成分を配合したものを選んだ方がいいでしょう。具体的にいうと、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸(豊胸手術や鼻を高くしたり、シワを除去する整形手術などでも使われています)などが含まれているものがたいへんおすすめです。



ニキビを創らないようにする上で気をつける事は、雑菌の温床にならない環境を造り出すことです。ファンデーションのパフに皮脂等が付きっぱなし、枕カバーを不潔にしている、手で肌に触る等の行為は、お顔に菌を塗っているようなものです。いつもに清潔を保てるように注意を払いましょう。
世間ではニキビにヨーグルトはあまり良くはないとされたり、その逆で良いと言われたりしますが、このような情報の真偽は定かではございません。特定の食品だけに頼っているのではなく、日々栄養バランスの取れた食生活(変わらないことの繰り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)を心がけるようにすれば、ニキビ予防へと繋がると感じます。

私のニキビケア方法は、どんなに寝たくてもメイクは必ず洗い落として寝ることです。メーキャップすることにより、お肌には甚だしくダメージがあるt思うので、お肌に休息を与えたいのです。

クレンジング化粧品にも気を使っています。オイル系や拭い取るタイプなど多種いろいろなものを試してきましたが、ミルク系の化粧落としがお肌を傷つけにくいと思いました。

関連記事

Copyright (c) 2014 スキンケアのプロフェッショナル All rights reserved.